「月をめぐる秋茶会 −観る月、飲む月、食べる月。−」終了

「月をめぐる秋茶会 −観る月、飲む月、食べる月。−」終了

10月11日(土)、光が丘にて「月をめぐる秋茶会 −観る月、飲む月、食べる月。−」を開催しました。
月の綺麗に見えるこの季節に、おつきさまのような黄色い点心を作ったり、点心に合う中国茶をいただきなら月に思いを馳せようというイベントです。

まずは、会場を運営するNPOむすび理事の荒川さんからお話を伺いました。
「NPOむすび」では、地域をゆるくむすぶことを目的とし、さらに地域の外からの参加も歓迎してくれて、新しいつながりを広げていくというアクティブ団体です。

DSCF2859

続いては、本日のゲスト茶藝師・ユミさんとお料理の先生・エミさんの出会いや中国と日本のお月見のご紹介。留学先の西安で現地の料理教室に通ったというエミさんのエピソードはインパクト大でした。

そして、本日のメインである南瓜餅づくりスタート。
3チームに分かれて、粉をこねるところから始めました。

DSCF2881

先生のお手本を見ながら、みんなでこねると、メンバーの仲もほぐれて、良い感じ。こんなに可愛らしい南瓜餅が出来上がりました。

DSCF2899

蒸し上がりを待つ間は、日中の月餅を食べ比べ!
中国から買ってきた月餅のお味は、あずき、卵の塩漬け入り、栗。

DSCF2912

横浜中華街で買った月餅のお味は、あずき、練乳、黒ゴマ、栗。

DSCF2929

花鳥風月の模様が可愛い中華街の月餅が人気でした。

DSCF2931

お月見のときに上海でいただくという、金木犀のお茶とお酒もいただきます。
金木犀のお茶は、ノドに優しいらしいですよ。

こちらが、蒸しあがった南瓜餅。
ふっくら、黄色く、美味しそう!

DSCF2933

南瓜餅に合わせて、緑茶を淹れていただきました。
ガラスのコップに淹れた緑茶、なんだかオシャレですよね。

DSCF2939

自分で形からつくった南瓜餅は、なんだかいとしくて食べるのがもったいなかったですが、優しい甘さでとても美味しかったです。中国茶と点心の会は、定期的に開催していきたいので、皆さん次回もぜひ遊びに来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です